※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

期間工で賃貸に住む 寮と賃貸を比べてみた件

期間工の一人暮らしガイドの記事のアイキャッチ 期間工ガイド

未経験でも、特別な資格が無くても働くことができる期間工。

初年度から400万円を超える年収が期待できる、お金を貯めたい人に魅力的な働き方です。

求人を見て期間工に興味は出てきたけど、寮生活に不安を抱えている人はいませんか?

この記事では、期間工の寮暮らしと賃貸暮らしのメリットとデメリットをお伝えします。

この記事を読むとこんな事がわかります。

  • 期間工は賃貸NG?
  • 寮暮らしと賃貸暮らしのメリット・デメリット
  • 期間工でもアパートを借りることは可能?

等々、期間工で働くことに興味はあるけど、寮生活に不安をお持ちの方向けの記事です。

これから期間工に応募しようとしている方は、ぜひ予備知識としてご覧ください。

期間工は賃貸NG?

期間工の求人を見ると、どこのメーカーも寮生活の魅力を丁寧に伝えています。

  • 寮費無料!
  • 水道光熱費無料!
  • 工場までの無料送迎バス有!
  • 格安食堂有!
  • 完全個室!

こんなワードであふれています。

でも寮に入りたくない人も、もちろんいますよね。

安心してください。

期間工は寮に入らなくても大丈夫です。

実家から通っても、自分でアパートを借りてもOKです。

メーカーによって規定は様々ですが、基本的に【寮暮らし】と【それ以外】自分の好みに合わせて選べます。(住んでいる場所次第では入寮NGの事もあります。)

詳しくは面接の際に聞いてみましょう。

寮暮らしのメリット

期間工の寮に入るとどんなメリットが有るのでしょう?

まずは寮暮らしのメリットを見ていきましょう。

お金を貯めやすい

寮暮らしの1番のメリットと言えば、お金を貯めやすいことでしょう。

期間工を募集するメーカーの多くは寮費無料、水道光熱費無料です。

割と当然のように各メーカー無料でやっていますが、コレは凄いことです。

自分でアパートを借りれば、どんなに安い所を探しても毎月数万円は住居費でかかってきます。

これを節約できるのは大きいです。

毎月かかる大きな出費を抑えられるので、効率的にお金を貯めることを目的に期間工になった人は、寮暮らしが向いています。

また食堂がある寮もあるので、自炊をしない人は食費を抑えることもできます。

友達を作りやすい

メーカーの寮に入っている人は、基本的に期間工か、正社員のどちらかです。

働く環境は一緒の人たちです。

同じ環境で過ごしているので、少しきっかけが有れば簡単に友達になれます。

期間工になりたての人は基本的に一人ぼっちです。

これから数か月から数年過ごす環境ですから、出来れば友達がほしいと思う人もいるでしょう。

仕事終わりや休日に話せる人がいるのは、期間工を続けていく大きなモチベーションになります。

一人暮らしよりも、同じ環境で寝食を共にするので寮暮らしの方が深い友達関係になることが多いです。

友達や知り合いが作りやすいのも、寮暮らしのメリットでしょう。

手続きが簡単

住むところを自分で借りようとすると、色々な手続きが必要です。

  • 住む物件選び
  • 入居の手続き
  • 電気、水道、ガスの手続き
  • 駐車場の契約
  • 家具、家電の準備
  • 駐車場の契約

等々の手続きや、やることを寮に入ることで、不要になります。

面倒な事が無いので、期間工になる準備に専念することができます。

通勤時間を短縮できる

期間工になると通勤時間が短縮できます。

ギリギリまで寝ていたい方や、移動手段が少ない方にとって大きなメリットです。

寮と工場は近いことが多いですし、多少離れていても送迎バスが有ります。

メーカーが用意した送迎バスなので、もちろん出勤時間に丁度いい時間に走ってくれます。

朝の時間を有効に使いたい方にとって大きなメリットと言えるでしょう。

家事の負担が最小限

寮に入れば、家事の負担を減らすことができます。

食事は食堂があることが多いですし、自分の部屋以外は掃除する必要がありません。

風呂屋トイレなどの共有スペースは、清掃業者が掃除してくれます。(風呂やトイレが共有でない場合は自分で掃除することになります。)

定期的に掃除してくれるので、快適に使用することができます。

寮暮らしのデメリット

メリットたっぷりの寮暮らし。

もちろんデメリットもあります。

続いては寮暮らしのデメリットを見ていきましょう。

寮は選べない

寮暮らしの1番のデメリットはこれかもしれません。

基本的に寮は選べません。

期間工を募集するメーカーは、いくつかの寮を持っています。

その中には俗にいう【ハズレ寮】が有ります。

間取りに難ありだったり、古かったり、汚かったりします。

トイレ、風呂付のワンルームも有れば、トイレ、風呂共同の1ドア4ルームなんて謎の部屋も有ります。

住環境を重視したい方にとっては、住む環境を選べないのはデメリットと言えるでしょう。

人間関係が面倒かも

期間工になる人は色々な人がいます。

少し変わった方や、個性的な方も多いです。

そんな人と共同生活を送るんですから、一人ぐらいよりも人間関係は面倒かもしれません。

また期間工は交代勤務が有ることが多いので、隣人が反対の直だと生活が真逆です。

活動する時間が正反対なので、生活音が気になるかもしれません。

生活音がきっかけで、人間関係がピリつく事もあるので注意が必要です。

友人を招くことは出来ない

基本的に寮内は寮生以外は立ち入り禁止です。

友人や彼氏、彼女を寮に招き入れることはNGです。

もちろん正規の手続きをとれば、寮内に招き入れることは可能ですが、「部屋で遊びたいから」という理由では許可がおりないでしょう。

部屋に招き入れることができるのは同じ寮生のみです。

クルマを持ち込めないこともある

メーカーによって規定は違いますが、クルマ持ち込みNGのメーカーも有ります。

寮生はクルマ通勤禁止ですが、クルマが有れば休日の楽しみ方の幅が広がります。

休日に色々な所に行きたい方や、クルマ好きな方にとってはデメリットと言えるでしょう。

とは言えお金を貯めたい人にとっては、金食い虫のクルマを持ち込めないことはある意味、都合が良いのかもしれません。

賃貸暮らしのメリット

続いては賃貸暮らしのメリットについて見ていきましょう。

住む部屋を選べる

賃貸暮らしの最大のメリットは自分で住む部屋を選べることでしょう。

寮のように勝手に住む部屋を決められることはありません。

好きな間取り、好きな場所に住むことが可能です。

広い部屋でも、高層階でも、歓楽街に近い部屋でも選びたい放題です。

仕事とプライベート完全に分けられる

賃貸暮らしなら仕事とプライベートを完全に分けることができます。

仕事が終わって、部屋に帰れば完全プライベートです。

寮生の話し声も、作業着でうろつく人とも無縁です。

仕事は仕事、プライベートはプライベートと、メリハリをつけた生活を送ることができます。

友人を招ける

賃貸暮らしなら友人を招くことができます。

鍋パーティーも、お泊りもOKです。

誰の許可もいりません。

特にパートナーがいる人にとっては、一人暮らしの最大のメリットと言えるかもしれません。

クルマを所有できる

賃貸暮らしならクルマを所有することができます。

多くのメーカーはクルマ通勤もOKでしょう。

休日の行動範囲が広がるのはもちろん、仕事の日もバスの時間を気にすることなく、自分のペースで通勤することが可能になります。

賃貸暮らしのデメリット

続いては賃貸暮らしのデメリットを見ていきましょう。

お金がかかる

賃貸暮らしの最大のデメリットはお金がかかることです。

部屋を借りるんですから、もちろん家賃がかかります。

物件によっては管理費も、共益費も、修繕積立金もかかります。

水道光熱費もかかります。

クルマを持っていたら駐車料金もかかります。

どんなに少なく見ても毎月5万円~は、かかることを覚悟しておきましょう。

お金が貯まりにくい

賃貸暮らしはお金がかかります。

その上、誘惑も多くお金が貯まりにくいです。

寮だと平日は、工場と寮の往復だけで、あまりお金を使う機会がありません。

一人暮らしだと、仕事帰りにどこにでも寄ることができますし、誘惑も多いです。

通勤路には、ご飯屋さんも、居酒屋も、パチンコ屋も有ります。

気を引き締めておかないと、平日でもどんどんお金を使ってしまいます。

手続きに手間がかかる

賃貸暮らしをすると、寮と違って手続きは全て自分ですることになります。

  • 住む物件選び
  • 入居の手続き
  • 電気、水道、ガスの手続き
  • 駐車場の契約
  • 家具、家電の準備
  • 駐車場の契約

等々、全て自分で行わなくてはなりません。

一つ一つ、こなしていくと結構な手間になるので注意が必要です。

家事は全て自分

賃貸暮らしは家事を全て自分でしなければなりません。

食事も掃除も洗濯も自分です。

当たり前ですよね。

トイレも風呂も、キッチンも自分で掃除です。

賃貸暮らしは自由ですが、自分でしっかりと管理しなければ、住環境はどんどん悪くなっていくので注意が必要です。

とりあえず迷っている方は寮に入りませんか?

〇

寮暮らしと賃貸暮らしの特徴はわかりましたか?

どちらも一長一短あって、悩んでしまうかもしれません。

でもどうせ期間工になるのであれば、私はとりあえず寮暮らしをしてみることをおススメします。

正直、期間工の寮暮らしの条件は良いです。

かなりの好待遇です。

個の好待遇を、経験する前に蹴るのは勿体ないです。

もちろん寮暮らしのデメリットは有りますが、それを上回るメリットが有ります。

寮生活をしたことが無い人や、共同生活が苦手な人もいると思いますが、とりあえず寮暮らしからスタートしてみて、「無理!」となったら一人暮らしに変える事をおススメします。

住めば都といいますが、意外と寮生活でも大丈夫なことが多いと思いますよ。

期間工×寮暮らしでお金がどんどん貯まっていきます。

迷っている方はぜひ、とりあえず寮暮らしをしてみましょう。

期間工で賃貸に住む まとめ

まとめ

今回は期間工の寮暮らしと賃貸暮らしについてお伝えしました。

どうですか?

どっちにするか決まりましたか?

期間工でも一人暮らしと寮暮らしが選ぶことが可能です。

自分の好みで選ぶことが可能ですが、とりあえず寮暮らしを体験することを強くすすめます。

実際に寮暮らしをしてみて、嫌だったら途中で一人暮らしに変えればOKです。

寮に入っているうちに賃貸暮らしの準備ができるので、焦らずに一人暮らしをスタートさせることができます。

寮暮らしがそこまで嫌でなければ、そのまま寮暮らしを続ければOKです。

おと
おと

期間工×寮暮らしはお金貯まりますよ!

どうせ期間工をやるなら、寮暮らしで効率的にお金を貯めませんか?

期間工に興味のある人の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました