※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

高卒工場勤務は底辺? 底辺だと言われる4つの理由

高卒工場勤務の記事のアイキャッチ 工場の悩み

高卒で工場勤務。

どんなイメージをお持ちですか?

「底辺ですか?」

「つまらない奴ですか?」

ネットでも、あまりいいイメージを見かけない工場勤務。

その上、最終学歴が高卒。

人生詰んでると思っていますか?

今回はそんな「高卒で工場勤務ってどうなの?」と思っているあなたに向けて…。

  • 高卒で工場勤務が、なぜ底辺と言われるのか?
  • 高卒で工場勤務することに不安を感じた時にどうするのか?

を解説していきます。

結論から言いますと、別に仕事に底辺も頂点も有りません。

自分の考え方次第ですが、周りから底辺と言われると気分良くないですよね。

これから工場勤務を考えている人に向けた記事です。

工場勤務希望の方はぜひ読み進めください。

高卒で工場勤務が底辺と言われる理由

高卒で工場勤務だとなぜ底辺と言われるのでしょう?

世の中に溢れている様々な製品の多くは工場で造られています。

ということは自然と工場で働く人が多いのは当然です。

働く人が多い仕事なのに、高卒で工場勤務だと負け組?

そういわれる理由をまずは知っていきましょう。

工場勤務のイメージがあまり良くない

高卒で工場勤務が負け組と言われる理由1つ目は、工場勤務のイメージがあまり良くないことです。

高卒、大卒等、学歴は関係なく工場勤務というとあまりイメージが良くないです。

もちろん悪いイメージは有りませんが、カッコいい仕事というイメージも有りません。

よくブルーカラー、ホワイトカラーと言われるように、スーツを着て仕事をしている人よりも作業着を着て仕事をしている人の方が、立場が下のイメージです。

工場勤務のイメージはどちらかと言うと…。

おと
おと
  • 知的労働より肉体労働。
  • 複雑な仕事よりも単純作業。
  • ひと昔言われていた3K(きつい、きたない、くさい)

こんな感じの事が多く、工場勤務のイメージはあまり良くはありません。

誰にでも出来ると思われがちな工場の仕事内容

「高卒で工場勤務は負け組」と言うと高校を卒業して、右も左もわからないまま社会人になって、「工場」という閉鎖的な環境の中で誰にでもできる仕事だけをしているイメージでしょうか?

高卒と大卒では同じ工場に就職しても、求められる仕事が変わってきます。

高卒は製造現場で製品を造る人。

大卒は製造現場を管理する人。

みたいな感じで求められる役割が変わってきます。

高卒で工場に就職すると、その工場の歯車のように、指示された誰にでもできる仕事を淡々とこなす。

大卒で工場に就職すると、その「歯車」が正常に動くように管理する。

この役割の違いが、「高卒で工場勤務は負け組」と言われる理由かもしれません。

実際には工場勤務の中にも様々な仕事があって、専門的なスキル、経験、知識が無いと出来ない仕事も沢山あり、高卒でも大卒でも「負け組」ではありません。

年収が低い&上がらない

高卒で工場勤務だと年収が低いと思われがちです。

確かに高卒と大卒の年収を比べると、大卒の方が上です。

でもそれは、工場勤務に限ったことでは無くて、どの業種でも新卒で入社すると高卒よりも大卒の方が年収が上です。

高卒の他業種と比べると工場勤務の年収は低いわけでは無く、むしろ平均的な事が多いです。

工場勤務の年収の上がり方は、なかなか遅いですが、

おと
おと

営業成績常にトップです!

会社にスゴイ利益をもたらしました!

みたいな人以外は、どの業種でもなかなか年収は上がってないのが現状でしょう。

転職に不利

工場勤務=工場でしか働けない人。

と思われていることも「負け犬」と言われる理由かもしれません。

しかも最終学歴も高卒…。

おと
おと

これでは、今よりも環境良い職場に転職するのは不可能かも…。

これは外野から思われているだけでなく、実際に工場で勤務している人も思っていることが多いです。

工場勤務、特に製造現場だと転職に強いスキルは身に付きません。

勤務する工場でのみ使える特殊なスキル、技術は習得できても他の職場で使えるスキル、技術は得られない傾向にあります。

全くの違う業種はもちろん、同業以外の工場の仕事に転職する際にもアピールできるポイントが若干弱く、自分で勉強したり、資格を取ったりしないと転職にはやや不利かもしれません。

高卒工場勤務に不安を感じた時の考え方

「高卒で工場勤務が底辺」と言われる理由はわかりましたか?

イメージで「底辺」と思われていることが多い事が、わかっていただけたと思います。

ここからは負け組意識に負けない考え方のポイントを見ていきましょう。

考え方や、行動を少し変えるだけで、周りからどう思われても大丈夫なメンタルを手に入れることが出来ます。

順に見ていきましょう。

工場勤務の良い面に目を向ける

まずは工場勤務の良い面に目を向けましょう。

ついつい悪い面にばかり目が行きがちですが、工場勤務にも良い面は沢山あります。

工場勤務の良い面の代表的な事はこちら

おと
おと
  • 週休二日制で土日休み!
  • 変化の少ない仕事内容!
  • 基本給制で収入が安定!
  • 人を相手にする機会が少ない!等々

良い面を上げれば、沢山出てきます。

プライベートを重視する人にとって、週休二日制でしっかりと休みが取れるのは絶対必要でしょう。

仕事に安定を求める人にとって、毎日やる仕事が決まっているのはメリットになると思います。

基本給が決まっていて収入が安定するのもメリットですし、人との関りでストレスを感じる人にとって、工場の仕事は天職です。

考え方次第で良い面は沢山出てくるので、まずは工場勤務の良い面に目を向けることから始めましょう。

工場勤務を選んだと考える

おと
おと

高卒だから工場くらいしか就職先が見つからなかった。

こんな考え方していませんか?

この考え方をすると、ネガティブマインド一直線です。

高卒でも工場以外の就職先も沢山あります。

営業でも、販売でも、ドライバーでも、介護職でも、数ある就職先の中から「工場」を選んだのは自分です。

「工場しか選べなかった。」はカン違いです。

数ある仕事の中から自分で「工場」を選んで働いていると考えましょう。

ネガティブ意見を探さない

ネットやSNSでネガティブな意見を見るのも止めましょう。

ついつい、SNSなどで「高卒で工場は○○」なんてタイトルを見ると、読みたくなっていしまいますが、わざわざ自分からネガティブな意見を探しに行く必要は有りません。

1度ネガティブな意見を見てしまうと、次からあなたの興味のあることだと思われ、自動で関連情報がピックアップされて出てくるようにもなりますので、見てはいけません。

自分がモヤモヤするだけなので、ネガティブイブな情報とは距離を置きましょう。

現状を変える動きを始める

工場で働く事に疑問を持っているのであれば、現状を変える動きを始めましょう。

  • 自分が興味のある仕事が有るか探し始めてみる。
  • とりあえず転職エージェントに登録してみる。
  • 資格取得のために動き出してみる。
  • 副業を始めてみる。

難しく考えずに、無理のない範囲で初めて見てはいかがですか?

特におススメなのが転職エージェントに登録しておくことです。

今の工場で働きながら、同時進行で理想の転職先が無いか探してもらうことが出来るからです。

リスクなしで、効率的に転職活動をすることが出来ます。

とは言え、「転職エージェントってたくさんあるからどこを選べば良いかわからない?」

そんな人は、転職エージェントマッチングサービスを使うのがおススメです。

転職を成功させるには、転職エージェント選びはとても重要です。

自分に合っていない転職エージェントだと、いつまで待っても理想の転職先なんて見つかるはずがありません。

そんな失敗をしたくない人は、確実に自分に合った転職エージェントを選んでおく必要があります。

下にリンクを貼っておきますので、WEBカウンセリングだけでも受けてみませんか?

もちろん無料です。

高卒工場勤務は底辺?まとめ

まとめ

今回は高卒工場勤務は底辺?と題しまして、高卒の工場勤務についてお伝えしました。

以下にまとめておきます。

高卒工場勤務が底辺と言われる理由

  • 工場勤務のイメージがあまり良くない
  • 誰にでも出来ると思われがちな工場の仕事内容
  • 年収が低い&上がらない
  • 転職に不利

高卒工場勤務に不安を感じた時の考え方

  • 工場勤務の良い面に目を向ける
  • 工場勤務を選んだと考える
  • ネガティブ意見を探さない
  • 現状を変える動きを始める

別に高卒工場勤務でも底辺では無いです。

工場で働いているからといって底辺でも負け組でもないので無いので安心してください。

全ては考え方次第!周りからのネガティブ意見はガン無視で行きましょう。

とは言え、世の中には残念なことにブラックな工場が一定数存在します。

ブラックな工場に勤務し続けると、いずれ人生が積む人生ハードモード確定です。

  • 給料が上がらない!
  • 休日出勤が当たり前!
  • 定時?なにそれ?

こんな工場にお勤めの方は、転職を考えた方が良いかもしれません。

とは言え、ノープランでいきなり退職して、転職活動を始めるのはリスク高すぎですよね。

そんな人は、とりあえず転職エージェントに登録しておくことをおススメします。

働きながら、同時進行で理想の天職探しをすることが出来るからです。

とは言え、自分に合った転職エージェントに登録しなければ、いつまで経っても理想の転職先は見つかりません。

たくさんの転職エージェントから、自分に合った所を探すのは意外と大変です。

そんな人は、転職エージェントマッチングサービスを使いましょう。

良い転職先探しは、良い転職エージェント探しからですよ。

下にリンクを貼っておきますので、WEBカウンセリングだけでも受けてみませんか?

もちろん無料です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました