※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

期間工に資格は必要? 持っていると有利な資格6選

期間工におススメの資格の記事のアイキャッチ 工場の疑問

期間工に資格は必要でしょうか?

答えはNOです。

特別な資格やスキル、経験が無くても出来ると言われるのが期間工です。

でも持っていた方が、採用に有利だったり希望の配属先に行けたりする資格があるのは事実です。

絶対に必要な資格はありませんが、持っているとオプション的な効果を発揮する資格があります。

特に希望の配属先が有る人にとっては、配属先ガチャで有利になる資格もあるので資格取得を検討してみることをおススメします。

運に配属先を任せるのは、ギャンブルですよ。

この記事では、期間工におススメの資格を6個お伝えします。

もしもすでに持っている資格がある人は、期間工になるのに大きなアドバンテージになるかもしれません。

期間工に応募する時に、ペンが止まる【志望動機】
「目的はお金です!」「とりあえず次の仕事が決まるまでのつなぎです!」
とは書きにくいですよね。
期間工や工場勤務の【志望動機】で悩んでいる人はこちらの記事もご覧ください。

期間工に資格は必要か?

そもそも期間工に資格は必要なのでしょうか?

基本的に期間工になるには特別な資格は必要ありません。

特別な資格、技術、経験が無くても働けるのが期間工です。

でも資格を持っていた方が有利な事も多いんです。

就職する際はもちろん、実際に働き始めてからも資格があることで得をすることがあります。

例えば完成車メーカーの期間工面接で、”同じ年、同じような職務経験、同じくらいのやる気。”の2人がいたとします。
片方の人だけ自動車整備士の資格を持っていれば、面接で受かるのは資格を持っている人でしょう。

期間工に採用されて、希望の部署がプレス課だったとしても、他の人がプレス金型取替作業者の資格を持っていれば、資格を持っている人がプレス課に配属されるでしょう。

完成車メーカーの正社員になって、いずれはライン作業では無く”改善”を行う部署に行きたい時に、アーク溶接作業者の資格を持っていて、日頃から改善活動を積極的にしていれば、部署移動の道も見えてくるはずです。

このように就職も、希望部署も、部署移動も、昇進も、資格を持っていることで有利に働く可能性があります。

期間工だから資格は必要ないと決めつけるのではなく、自分の興味のある資格、仕事で有利になりそうな資格があったら、積極的にとっておくと良いでしょう。

期間工で使える資格

合格証

では実際に期間工で使える資格を見ていきましょう。

おススメしたいのはこちらの6つの資格です。

  • 自動車整備士
  • プレス金型取替作業者
  • 危険物取扱者
  • 有機溶剤作業主任者
  • アーク溶接作業者
  • フォークリフト運転技能者

順に見ていきましょう。

自動車整備士

自動車整備士の資格は国家資格です。一級、二級、三級と分かれていて、等級によって出来ることが変わってきます。

自動車を製造する工場で必要というよりも、自動車を整備する工場で必要な資格です。

期間工として完成車メーカーでライン作業をするのに、もちろん自動車整備士の資格は必要ありません。

ですが、期間工面接でアピールポイントになることは間違いないです。

自動車整備士の資格があることで、自動車に対する知識もスキルもあると思われて、面接でも有利になるでしょう。

入社後も、自動車整備士資格を持っている人は、自動車や作業に対する理解も早くて、正社員登用されたり、昇進が早かったりする印象です。

プレス金型取替作業者

プレス金型取り換え作業者の資格は、金型の取付や、取外し、調整を行うのに必要な資格です。

国家資格ですが難易度は低めで、学科講習と実技試験に合格することで取得できます。

学科試験が無いので、ほぼ100%合格できます。

プレス金型取り換え作業者の資格を持っていれば、期間工としてプレス工程への配属を希望する人にとって、面接で大きなアピールポイントになります。

プレス工程への配属希望の方は、事前に取得しておくことで大きなアドバンテージになります。

危険物取扱者

ガソリン給油中

危険物取扱者は、消防法で定められた「危険物」を取り扱うときに必要な国家資格です。

危険物と一言で言っても、第一類から第六類まであり、危険物取扱者にも甲、乙、丙と3種類の資格があります。

甲種を取得しておけば消防法上のすべての危険物を扱えますが、資格取得条件や、難易度が高いです。

完成車メーカーでは第四類にあたるガソリンなどの引火性液体を扱うので、丙種の資格取得や、乙種第四類の資格取得をしておけば問題ないでしょう。

期間工として危険物を扱う機会はまずないと思いますが、工場転職や、他の業種に就く時にも有利になることが多い資格です。

有機溶剤作業主任者

有機溶剤作業主任者は、有機溶剤を取り扱う仕事をするとき、現場で作業方法を決めたり、作業の指揮をしたりする際に必要な資格です。

有機溶剤を取り扱っている会社では、有機溶剤作業主任者を必ず設置しなければならないと労働安全衛生法で定められています。

資格取得は講習と学科試験で、2日間で取得できます。

難易度も低めで、講習をきちんと受けていれば事前に勉強していなくても、合格できます。

有機溶剤作業主任者の資格を持っていれば、自動車工場で塗装工程への配属を希望する人にとって、面接で大きなアピールポイントになります。

塗装工程への配属希望の方は、事前に取得しておくことで大きなアドバンテージになります。

アーク溶接作業者

アーク溶接作業者は一般的な溶接方法であるアーク溶接の作業をするのに必要な資格です。

アーク溶接の業務に携わるには、アーク溶接等特別教育の受講が必要です。この特別教育を受けた人の事を、一般的にアーク溶接作業者と言います。

アーク溶接等特別教育の内容は、学科と実技の2種類で学科試験は有りません。アーク溶接の基礎知識や関係法令を学び、実際に溶接を実技で行う形です。

完成車メーカーでは、設備の保全作業や改善活動などでアーク溶接を使う機会があります。

期間工として使うことはまず無いでしょうが、いずれは正社員。

しかもライン作業では無く、保全や改善メインの部署に異動したい人は取得しておきたい資格です。

フォークリフト運転技能者

フォークリフト

フォークリフト運転技能者はフォークリフトを運転するのに必要な資格です。

当然ですが、普通自動車免許ではフォークリフトは運転できません。

工場内でも、もちろんダメです。フォークリフトの運転には資格が必要です。

フォークリフト運転技能者の講習内容は学科と実技です。両方に合格する必要がありますが、合格率は高く、90%を超えています。

完成車メーカーでは様々な部品がトラックで工場内に入ってきます。

この入ってきた部品を、使用する場所まで運ぶのにフォークリフトが活躍します。

「物流」とか「受入れ」と言われる、部品を運搬する部署ではフォークリフトが動き回っています。

おと
おと

…期間工になりたいけど、ライン作業は苦手。

こんな人は、フォークリフトの資格を取って部品運搬の仕事を狙ってみるのもいいでしょう。

完成車メーカーだけでなく、建機メーカーなどでもとても重宝する資格です。

期間工に資格は必要?まとめ

まとめ

今回は期間工に有利な資格についてお伝えしました。

期間工になりたい人におススメしたい資格はこちらの6つの資格です。

  • 自動車整備士
  • プレス金型取替作業者
  • 危険物取扱者
  • 有機溶剤作業主任者
  • アーク溶接作業者
  • フォークリフト運転技能者

期間工になるには、絶対に必要な資格は有りません。

でも資格を持っていることで有利になることも多いです。

一度取得してしまえば、書き換えの必要もなく一生物の資格になる物もあります。

上に上げた資格は、たとえ期間工に縁が無くて転職したとしても、次の職場、工場でも使えることが多い資格です。

最近は、期間工で働く倍率も上がってきています。

資格を持っている=大きなアドバンテージがあると考えても良いかもしれません。

資格がある事で期間工の採用率を上げることができる可能性があります。

興味がある資格、役に立ちそうな資格があったら、ぜひ資格取得を目指してみてはどうでしょう?

会社や学校に取らされた資格よりも、自分で考えて取った資格の方が使えることが多いですよ。

資格を取って自分を生かせそうな工場で働きましょう。

もしもすでに、今回取り上げた資格を持っている人は、期間工に採用されやすいです。

今持っている資格を生かして、希望の部署でパパっと効率よく稼いでみませんか?

2024年現在、期間工の入社祝い金バブルが来ています。

メーカーによっては入社祝い金100万円なんてところもありますよ。

入社祝い金バブルはいつ終わるかわからないので、動くならスピードが大切です。

期間工に興味がある人は一度、覗いてみることをおススメします。

>>>色々なメーカー 様々な勤務地から自分に合った所を探すなら【期間工.jp】

期間工に興味のある人の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました