※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

期間工はいじめられる? 新人期間工がいじめられない簡単な方法

期間工いじめの記事のアイキャッチ 期間工ガイド

人とコミュニケーションをとるのが面倒な人や、お客さんや取引先の対応に疲れた人、職場の人間関係に疲れた人に人気の期間工。

給料も福利厚生も魅力的です。

特に自分に与えられた仕事を淡々とこなすことを求められる工場では、人間関係に悩まずに働けそうですよね。

確かに勤務時間中は人と向き合うのではなく、製品と向き合うライン作業では、人との関りが薄く、人間関係も複雑ではないことが多いです。

でもちょっと待ってください。

ネットで、「期間工 いじめ」とか「期間工 人間関係」とか検索すると、沢山のネガティブな記事が出てきませんか?

実際のところどうなのでしょう?

今回は、これから期間工として働こうと考えているあなたに向けて、期間工のいじめ問題についてお伝えします。

この記事でこんな事がわかります。

  • 期間工はいじめられやすいのか?
  • いじめられる人の特徴
  • いじめられないコツ

等々、期間工での人間関係が気になっている人向けです。

初めての期間工、工場勤務に不安を抱えている人にぜひ読んでいただきたい内容です。

期間工のいじめはある?

期間工のいじめはあるのでしょうか?

結論から言うと、職場によってはいじめが存在する所も有ります。

これは働くメーカーや、職場によって違うので何とも言えませんが、入社前にその職場にいじめがあるのか、無いのかを知るのは難しいです。(女性が多い食品工場なんかでは陰湿ないじめが多いようです。)

工場の仕事はずっと同じ場所、同じ人と働くことが多いので、いじめが一度始まると止めるのは大変です。

期間工のいじめの実態

膝を抱える女性

期間工や、派遣社員が働くことも多い大手メーカーの工場では、いじめは少ない傾向です。

ただし、いじめの無い優しい職場では無く、人によってはいじめや、パワハラを受けることも有る独特の世界です。

この人によってというのがポイントで、他の職場ではいじめの対象になりそうな、金髪でピアスだらけのチャラチャラした人でも、根暗で無口な人でも、ポイントを抑えていればパワハラやいじめを受ける人は少ないです。

おと
おと

なぜなのでしょう?

それは仕事量が多く、いじめやパワハラをする余裕が無いからです。

ライン作業で仕事が詰まっているので、いじめやパワハラをする余裕が無いのです。

みんな自分の仕事で手一杯です。

しかも勤務時間の大半は黙々と製品を造っているので、人と関わることも少ないです。

ライン作業以外の時間も少なく、休憩時間もそれほど長くありません。

その上、大手メーカーの製造ラインは長いので人との距離も広めです。

仕事に慣れてしまえば、期間従業員でも派遣社員でも、いじめやパワハラに悩む確率は低いでしょう。

仕事量の多さと、勤務時間のほとんどはライン作業。

この2つがあるので期間工のいじめは少ないです。

期間工でいじめられやすい人の特徴

いじめが少ない大手メーカーの工場でも、やっぱりいじめやパワハラを受ける人はいます。

仕事に慣れる前に、体を痛めたり、心を痛めたりして退職する人も結構います。

大手メーカーの工場でいじめや、パワハラを受けやすい人にはどんな特徴があるのでしょう?

大手メーカーの工場でいじめられやすい人の特徴は大きく分けると3つです。

  • 仕事ができない
  • 気が弱い人
  • コミュニケーション能力が低い人

順に見ていきましょう。

仕事ができない

仕事ができない人はいじめやパワハラを受けやすいです。

もちろん最初から担当した仕事を完璧に出来るはずはありませんが、入社からある程度してもイマイチ仕事ができない人は、いじめの対象になりやすいです。

大手メーカーのライン作業は、仕事がパンパンに詰まっているので、みんな必死に動いています。

そんな中で、「あいつ、まだ一人で仕事してないの?」とか「あいつ、楽してね?」なんて思われると、いじめの対象になりやすいです。

忙しい仕事のせいで、みんな仕事をあまりしていない人に対して厳しいです。

年齢関係なく、仕事がイマイチできない人は雑に扱われるようになっていきます。

陰口をたたかれたり、連絡事項が伝えられなかったり、挨拶を返されなくなったりしたら注意が必要です。

気が弱い人

気が弱い人もいじめの対象になりやすいです。

もじもじしていたり、引っ込み思案の人はいじめの対象になりやすいです。

工場は閉鎖的な空間なので、独自のコミュニティーがあります。

そんな中に、気の弱い新人さんが入ってくると目立ちます。

新人さんが気が弱そうだったり、いじりやすそうだったりするとネタにされます。

新人さんが入る→ネタにされる→舐められる→いじめに発展する?

こんな流れです。

コミュニケーション能力が低い人

工場の仕事では、コミュニケーション能力はあまり必要ありません。

お客さんや取引先と直接会わないので、最低限のコミュニケーション能力が有れば十分です。(ラインを管理する立場になれば、そうとも言ってられませんが…)

この最低限のコミュニケーションが出来ない人は、いじめられやすいです。

  • 挨拶ができない
  • 返事ができない
  • 言われたことを守れない

こんな人はいじめられやすいので注意しましょう。

上司によっては計画的にパワハラをする

上司によっては、「こいつイマイチ仕事できないから、強めに当たって辞めさせよう。」なんて思っているパワハラ野郎もいます。

確信犯です。

一度配属された人を異動させるのは大変ですが、自主退社なら直ぐに代わりの人が来ます。

上司がパワハラや、いじめまがいのことをしているので、班のメンバーもどんどんその人のことを舐めていきます。

結果的に職場に行くのがつらくなって、辞める人もいます。

まぁ、そんな職場で頑張っても自分がつらいだけなので、さっさと辞めてしまった方がお互いに幸せなのかもしれません。

期間工でいじめられないコツ

いじめられやすい人の特徴はわかりましたか?

当然のことばかりでしたね。

上の特徴に当てはまらない様にすれば、いじめはかなりの確率で防げます。

ここからは期間工独特ともいえる、いじめられないコツをお伝えします。

私の経験上、いじめられない為に必要な事は…

おと
おと

舐められないことです!

舐められなければ、いじめられることもありません。

いじめられない為のコツは、舐められないことです。

舐められないポイントはこちら

  • 仕事を覚えて早く独り立ちする
  • 不具合を出さない
  • ルールを守る

これさえ抑えておけば無口でも、派手でも、根暗でも、いじめられる確率は下げられます。
順に見ていきましょう。

仕事を覚えて早く独り立ちする

雪山を見上げる男性

まずは仕事を早く覚えて一人立ちすることです。

単純に早めに独り立ちすることで、上司や行程先輩との接点が減るので人と関わらずに仕事が出来るようになります。

それだけでは無く、仕事を覚えるのが早いと周りから「あの人は腕がいい」みたいに思われて、いじめられるどころか、一目置かれるようになります。

毎日、淡々と同じ作業を繰り返すライン作業。

特に、自動車メーカーのライン作業は仕事がパンパンに詰まっていることが多いです。

そんな中で、いつまでも独り立ち出来ないでいると、「あいつだけ全然仕事してねーじゃん!」とか「楽してずるくない?」なんて思われがちです。

おと
おと

みんな余裕が無いから、仕事ができない人に対して厳しめです。

なかなか独り立ち出来ないと、最初は優しかった上司や同僚も徐々に厳しくなっていくので注意が必要です。

舐められない為には、まずは一人立ちを目指しましょう。

不具合を出さない

これは何を造っている工場にも言えることですが、不具合、不良品を造ることは絶対にNGです。

特にライン作業では不良品を出しても、誰も気づかなければそのまま製品として出荷されます。

自動車メーカーでは、人の命に係わる自動車を造っているので、この不具合に対して厳しいです。

工場内で見つかればいいのですが、工場の外、お客さんに納車されてから不具合が発覚したらもう大変です。

リコールや責任問題になるので、職場全体で再発防止や報告資料の作成に大忙しになります。

なので上司は不具合を出す人が大嫌いです。

もちろん人間ですからミスをすることはありますが、頻繁にミスをして不具合を出すようだと、マークされるようになります。

不具合を頻繁に出す人に対して、上司の接し方が変わってきて高圧的な態度になったり、冷たくなったりします。(これは上司の器の大きさにもよります。)

上司の態度を見て、同僚たちも不具合を頻繁に出す人を舐めるようになります。

関係ないのに、「あいつはダメだなぁ」とか「またあいつ怒られてるよ」なんて思われるようになります。

不具合を頻繁に出すことで上司からはパワハラ、同僚からはいじめの二重苦になる可能性もあります。

不具合・不良品を出さないことも、舐められない為には必要です

ルールを守る

標識

工場には工場独特のルールがあります。

仕事のルール、出勤時のルール、休憩中のルール等、色々なルールが決められています。

いじめやパワハラを受ける人は、このルールを守らない人が多いです。

決められた仕事の手順を勝手に変えたり、「やるな!」と言われていることを勝手にやっていたりします。

ルールを破って怪我でもしたら大変ですし、不具合を出されても困ります。

意外と上司も同僚もルールを守っていない人を、敏感に察知しています。

ルールを守らないことを上司からお説教されている姿、それを見ている同僚はルールを守らない人をどんどん舐めていきます。

上司からはパワハラ、同僚からはいじめの原因にもなりやすいです。

少し変わった、変なルールがあったりもしますが、基本的にはルールは守ることが大切です。

もしも、どうしても「このルールはおかしい!」と思うのであれば、上司や同僚に相談してみましょう。

勝手にルールを破るのはNGです。

期間工でいじめられてるかも?と思ったら

閉鎖的な工場内では、少しのきっかけからいじめやパワハラに発展することが多いです。

いじめられないポイントを抑えていても、些細なことからいじめや、パワハラを受けている人もいるかもしれません。

そんな人におススメなのは…

おと
おと

諦めて他に行きましょう

期間工に限らず一度目を付けられると、いじめやパワハラは加速します。

挽回することも難しいですし、いじめている人が、いなくなることを待つのもつらいです。

部署や職場を異動できるのであれば、まずは異動願い。

出来ないのであれば他の職場に行きましょう。

いじめやパワハラがある職場で我慢して働く必要はありません。

いじめやパワハラがある職場を変える事や、自分自身が変わる事は大変です。

辞める=逃げ みたいに思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

辞める=新たな一歩です。

嫌な環境で働く事は、何一ついい事が無いのでいじめの疑いがあったら、異動、転職を考えましょう。

いじめがある職場で我慢して働いていたからといって【我慢手当】が付くわけではありません。

時間の無駄です。

自分に合った他の職場を探しましょう。

期間工としていじめを受けて転職に不安を感じているのであれば、さっさと転職活動を始めましょう。

転職活動を始めることで、「いつでも辞められる!」と思うことが出来るようになって精神的に楽になることはあるあるです。

とりあえず、自分の希望の転職先が有るか?自分はどんな転職先が有るかだけでも相談してみませんか?

転職はタイミングが命です。

すぐに転職をする意思が無くても、早めに相談や登録をしておくことで、理想の求人があった時に素早く動くことが出来ます。

今の職場がつらい人は、とりあえず下のリンクから相談だけでもしてみませんか?

担当者面談で不安や悩みを解決サポート【はたらくヨロコビ】

期間工のいじめはある? まとめ

まとめ

今回は、期間工のいじめや、パワハラについてお伝えしました。

あまり人と関わらずに、仕事ができる期間工。

大手メーカーの工場では、陰湿ないじめは少ない方です。

でも、いじめやパワハラが0とは言い難いです。

まずは、いじめられやすい人の特徴に当てはまらないようにすること。

それから大手メーカーでは、上司や同僚から舐められないようにすることです。

舐められない為のポイントはこちら

  • 仕事を覚えて早く一人立ちする
  • 不具合を出さない
  • ルールを守る

上の3つのポイントを守って、淡々と仕事をしていれば、無口でも、根暗でも、派手でも、うるさくても、いじめやパワハラを受ける可能性は低いでしょう。

仕事がパンパンに詰まっている、大手メーカーのライン作業では、みんな他人に厳しめです。

いつまでも、一人立ち出来なかったり、ルールを守らなかったりすると「あいつ楽してね?」とか「あいつ何で言われたこと守らないの?」なんて思われて、そこからいじめやパワハラに発展します。

一番効果的ないじめ対策は、任された仕事を淡々とこなすことです。

頑張っていきましょう。

でも、もしも無理だと思ったら、早々に次に行きましょうね。

すでに無理そうな雰囲気を感じているのであれば、とりあえず相談だけでもしておきましょう。

早め早めの行動があなたを守ります。

担当者面談で不安や悩みを解決サポート【はたらくヨロコビ】

期間工のいじめ問題で悩む人の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました