※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

【個人でできる工場の暑さ対策】インナーの重要性知っていますか?

便利アイテム
おと
おと

この記事では、工場の過酷な夏を楽にしてくれるかもしれない

【インナー】の重要性についてお伝えします。

期間工の方、ライン作業で働く方、お疲れ様です。

工場と一言で言っても、色々な工場が有りますよね。

温度、湿度管理がしっかりとされた精密機械の工場や、衛生面に気をつかわれた食品加工の工場、下町にある町工場や、自動車や大型機械を造る工場など、大きさも環境も様々です。

その中でも今回は、夏は必ず熱中症患者が出るほど暑く、冬は凍えるほど寒い、冷暖房を入れても広すぎて全然効かない自動車メーカーの工場の、個人でできる暑さ対策についてお伝えします。

冷暖房の効かない、大きな工場で個人で出来ることは少ないですが、まずはここから!インナーを見直すことから始めませんか?

この記事は暑い工場勤務のこんな人におススメの内容です。

  • 私、基本的に夏は体調不良になります
  • Tシャツの汗、絞れちゃうんです
  • 汗かきすぎて、臭いが心配
  • 夏は着る服を一枚でも少なくしたいけど違うの?

インナーの重要性について詳しく知ることで、あなたの工場の夏が変わるかもしれません。

工場の夏を快適に過ごしたい方は、ぜひ読み進めください。

「期間工や派遣社員として自動車メーカーで働くと劇的に痩せる。」こんな話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
お金を稼ぎながら健康的に痩せられれば、言うことなしですよね。
自動車メーカーで痩せられる理由をお知りになりたい方は、こちらの記事もご覧ください。
健康的に短期間で理想の体型になれるかもしれませんよ。

【期間工にインナーは必須?】

それでは見ていきましょう。

夏にぴったりのインナーを選ぶと、夏が超快適に過ごせる!

とまでは言えませんが、インナーに無頓着な人よりも確実に快適に過ごせます。

他人からは見えないところなので、どの人が夏にぴったりのインナーを選んでいるのか判断できませんが、インナー選びをしっかりとしている人は、していない人よりも確実に快適に過ごしています。

今までインナーを意識してこなかった人は、まずこちらの項目から確認していきましょう。

  • そもそもインナーって必要?
  • インナーに求める機能
  • インナーのサイズ感

順に見ていきましょう。

そもそもインナーって必要?

「暑いんだから、着る服は最低限にしたい!」

普通に考えるとこう思うのではないでしょうか?

着用枚数を減らした方が涼しく過ごせそうですよね。

でも意外なことに、インナーを着用したほうが、着用しない時よりも涼しく快適に過ごせる可能性があるのです。

インナーを着た方が涼しい?

夏は当然のように暑く、風が通りにくい工場内では体感温度は、外気温よりも上昇することが多いです。

そんな暑い中ですと、「一枚でも着る衣服を少なくしたい!」と思いがちですが、これは間違いです。実は、インナーは着用したほうが、体温を下げる効果を期待できます。

特に、工場や現場仕事の方でインナーを着用せずに、ゆったり目の作業着を着ていて、少し暇が有ると、作業着をつまんでパタパタと風を体に当てている人は要注意です。

おと
おと

…それ暑いです。

インナーを着ることで、汗を吸収して、作業着の中を乾かしてくれる効果が期待できます。逆にインナーを着ないと、かいた汗が作業着の中に残ったままになり吸収も、乾かしてもくれないので、体温が上昇しやすいです。

体温調整のために、せっかくかいた汗の効果、無駄にしたくないですよね?

インナーを着ることで十分に汗の効果を得ることが出来ます。

インナーを着ることで臭い防止になる?

またインナーを着ることで、におい対策の効果も期待できます。


消臭効果が有る物はもちろん、消臭効果を前面に出していないものでも着用することで、着用しないよりも確実に、臭いをおさえれます。

インナーを着ないで、かいた汗をそのまま放置して作業服の中がジメジメしていたら、臭うのも当然ですよね。

夏に限らず、作業着を直に着るのはあまりおススメできません。

インナーに求める機能

夏に着るインナーにはどんな機能を求めればよいのでしょう?

それは…

吸収、速乾、放湿

この3つを兼ね備えたものがおススメです。

最近は、インナーの機能の上昇が止まりません。

少し検索するだけで、「夏はこれっ!」「超絶涼しい!」みたいなキャッチコピーの品があふれています。

正直、種類が有り過ぎて迷ってしまうので、この3つを兼ね備えたものを選びましょう。

  • かいた汗を素早く吸い上げる吸水性。
  • かいた汗を素早く乾かす速乾性
  • かいた汗を体の外へ放出する放湿性

この3つを兼ね揃えたものになると、真っ先に思いつくのは、シルクですが、作業着のインナーとして使うには、お値段の面や、耐久性から少し抵抗が有る方が多いと思います。

やはり作業着の、インナーとして一般的なのは化学繊維です。


お値段も抑えられて、耐久性もばっちりです。

ポリエステルの細い糸を使用した素材を選べば、吸水、速乾、放湿の効果を期待できます。


化学繊維が苦手な方には、綿と他の繊維と合わせた素材を選ぶことで、天然素材の肌触りを保ちつつ、吸水、速乾、放湿を兼ね備えたインナーを選ぶことが出来ます。

インナーのサイズ感

夏のインナーのサイズ感は、「ぴったりサイズが良い。」とか「1サイズ大きめが良い。」とか意見が分かれるところですが、夏のインナーのサイズ感は………

ぴったりサイズを選びましょう。

肌にピタッと生地がくっつくと、暑苦しい気もしますが、インナーのサイズ感はぴったりサイズがおススメです。

せっかくの高機能(吸収、速乾、放湿)もサイズが合っていないと、効果を十分に発揮できません。

着用するときと、脱ぐときに暑苦しさを感じるかもしれませんが、インナーはぴったりサイズ1択です。

おと
おと

オーバーサイズだと高機能の無駄遣いです。

期間工におススメのインナー

最後に夏は過酷な暑さになる工場で働く人におススメのインナーを紹介します。

インナーをまだ使っていない人や、インナー選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

とりあえず試したい人向け

今までインナーを着ていなかった人や、インナーに無頓着だった人は、とりあえず夏用のインナーを試してみることをおススメします。

各メーカーから色々なモデルが出ているので、好みに合わせて選んでみるのも楽しいです。

最初は1,000円前後で買えるものを選んでみると良いでしょう。

今までインナーを着ていなかった人や、とりあえず試してみたい人は、半袖タイプからスタートするのが良いかと思います。

スポーツ用のインナーを使うのもアリ

スポーツ用のインナーを作業着の下に着るのもアリです。

以前、スポーツをしていて家にインナーが余っている人は一度試してみてはいかがですか?

人によっては、作業着の下に野球のアンダーシャツを着ている人も工場内で見かけます。

スポーツ用のインナーは、吸収、速乾、放湿と高機能の上に、動きやすさや怪我の防止にも役立ちます。

軽い運動並みに体を動かす期間工にとって、最適なインナーといって良いかもしれません。


【工場の暑さ対策】まとめ

今回は、【期間工にインナーは必須?】期間工の過酷な夏を乗り切るインナーの重要性 と題しまして、暑い工場でも快適に過ごせるインナーについてお伝えしました。

おと
おと

インナーの魅力伝わりましたか?

ポイントをまとめておきます。

  • インナーは必要!
  • 吸水、速乾、放湿の機能が有る物を!
  • ぴったりサイズを選ぶ!

インナー選びの際には、この3つのポイントに注意しましょう。

インナーは、朝から晩まで、1日中肌に密着し続けるものです。

自分に合った快適なインナーを選べば、暑く苦しい夏も、多少なりとも和らぎます。

季節や好みに合わせて、自分に最適なものを選ぶことで、精神的にも肉体的にも快適に過ごすことが出来ます。

「自分に合ったインナー探し!」初めて見てはいかがでしょう?

快適なインナーで過酷な工場の夏を乗り切りましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました