※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

期間工は地獄? きついライン作業を乗り切るコツ

工場のライン作業を乗り切るコツの記事のアイキャッチ 期間工のお悩み

ライン作業は地獄と聞いて、期間工の働き方を避けているあなた!

それ、ほんっっっとうにもったいないですよ。

短期間で効率的に稼げるチャンスを逃しています。

例えば期間工として、トヨタ自動車で働けば初年度から450万円オーバーも狙えます。

450万円オーバーですよ。

年齢やスキルにもよりますが、転職1年目からこれほど貰えるところは少ないです。

この記事では、【期間工は地獄】とか【ライン作業はきつい】とか聞いて、期間工の働き方を排除した人に向けて、ライン作業がきつい理由と楽にするコツをお伝えします。

この記事を読むとこんな事がわかります。

  • ライン作業がきついと言われる理由
  • ライン作業を楽にするコツ
  • ライン作業の魅力
  • ライン作業に向いている人

工場で働く人はたくさんいます。

ただ単にきついだけでは、みんな辞めますよね。

きつい理由と楽にするコツを知って、工場のライン作業で効率的に稼ぎませんか?

転職先から、工場を除外していた人はぜひご覧ください。

ライン作業の仕事内容

期間工が担当することが多いライン作業の仕事とは具体的にどんな仕事なんでしょう?

「ライン作業」とは、製造工程において製品を一定の順序で加工・組み立てる作業方法の一つです。一般的には、製品の加工・組み立て工程を一定の流れで配置したラインに沿って作業員が順次作業を行い、製品が完成するまで同じ作業を繰り返し行います。

簡単に説明するとこんな感じです。

担当する仕事は組立や検査、仕分けに加工と様々です。

コンベアーサイドに立って、流れてくる製品に対して同じ作業を繰り返すような仕事です。

仕事内容は簡単な仕事が多く、特別な資格やスキルが無くても、慣れれば誰でもできるように設定されていることが多いです。(例外はあります。)

ライン作業がきついと言われる理由

結論から言いますと、工場のライン作業はきつい仕事の部類に入ります。

一言でライン作業と言っても、組立や検査、仕分けに加工と様々な仕事が有りますが、どれもそれなりにきつい仕事です。

数あるライン作業の中でも、特に完成車メーカーの組立ラインはトップクラスにきついので、ライン作業未経験の人は注意が必要です。

(今回は特にきついと言われる、自動車工場の組立ラインをもとに解説します。)

まずはライン作業がきついと言われる理由を知っていきましょう。

ライン作業がきついと言われる理由はこちら

  1. 体への負担が大きい
  2. 常に時間に追われている
  3. 時間が経つのが遅い
  4. 仕事がつまらない
  5. トイレに自由に行けない
  6. 将来が不安

順に見ていきましょう。

体への負担が大きい

ライン作業で働くと、負担が大きくて体を痛めやすいです。

日常生活では、なかなか掛からない程の負荷を1日中体にかけているからです。

もちろん働く工場、配属される職場にもよりますが、1日中

おと
おと
  • 乗り降りを繰り返す仕事。
  • 半身ひねって部品を取り付ける仕事。
  • 背伸びして部品を取り付ける仕事。

こんな仕事を一日中繰り返したりします。

1回1回は、それほど負荷は有りませんが、1日中繰り返すとなかなかの負荷になります。

この負荷の蓄積によって、徐々に体が痛くなっていきます。

仕事に慣れていない初心者のうちは、必要以上に力を入れたりするので、体に負担がかかりすぎて、直ぐにどこか痛めてしまいます。

常に時間に追われている

ライン作業は時間に追われています。

自分の調子の良し悪しに関係なく、ラインスピードは一定だからです。

当然と言えば当然ですが、何十人、何百人と働くラインで1人1人の調子を見てラインスピードを決めるのは不可能です。

失敗しようが、遅れようが関係なくラインは動いています。

慣れないうちは、全く仕事が間に合わず精神的にやられます。

あまり考えこまずに、

おと
おと

…そのうち乗れるだろう。

程度に思っておくのがおすすめです。

仕事に慣れてラインに乗れるようになれば、多少の調子の良し悪しは関係なく淡々と仕事を出来るようになります。

色々と考えこむより、最初のうちは仕事に慣れる事を優先しましょう。

時間が経つのが遅い

ライン作業は時間が経つのが遅く感じるのも特徴です。

上の「常に時間に追われている」と矛盾するようですが、仕事に慣れればなれるほど時間が経つのが遅く感じます。

働き始めて間もないうちは、一生懸命集中して動いているので時間が経つのが早く感じますが、徐々に仕事に慣れてくると意識せずに体が動くようになり、淡々と仕事をこなすようになります。

こうなると時間が経つのが遅く感じるようになります。

おと
おと

体は動いているのに頭はフリーズ状態。

体の動きと反比例して、頭で考えることが少ないのも時間が経つのが遅い要因の1つです。

ライン作業に慣れると体は動いているのに、頭はフリーズ状態になります。
この頭フリーズ状態だと、時間の経過がめちゃめちゃ遅いです。
ライン作業中の暇つぶしに興味がある人はこちらの記事もご覧ください。

仕事がつまらない

ライン作業に限らず、どんな仕事でも単調な仕事はつまらない傾向が有ります。

毎日、毎日同じ仕事をずっとやるだけ…。

おと
おと

…飽きます。

ライン作業ですと、ロボットのように淡々と仕事をこなすことを求められます。

考え方次第ですが、目標無く飽きた仕事を毎日淡々とやるのは結構きついです。

トイレに自由に行けない

ライン作業では仕事中に、自由にトイレに行くことは出来ません。

おと
おと

○○さんがトイレに行くのでライン止めまーす。

なんてことはありえません。

仕事中にトイレに行く際は、上司に連絡して自分の代わりの人を用意してもらう必要が有ります。

タイミングによって待たされたり、嫌な顔をされたりすることが有りますが、当然ですが基本的には上司に連絡すればトイレには行けます。

安心してください。

「意外と気になるトイレ事情。」
毎日の事ですし、体調が悪い日もあるので気になりますよね。
ライン作業でのトイレ事情について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
この記事で得た知識が、あなたの緊急事態を救うかもしれません。

将来が不安

ライン作業をしている人は、将来に不安を感じている人も多いです。

これは正社員、期間工、派遣社員等、雇用形態に関係なくです。

ライン作業は基本的に、

おと
おと

誰でもできる仕事!

なので、いくら長期間働いても何もスキルは身に付きません。

仕事を変えたくなって転職しようとしたときに、自分の強みが有りません。

おと
おと

ライン作業早くできます!

と言っても、他の会社で正社員に採用したい人材にはなれません。

その上、加齢とともに体力的にも動けなくなっていきます。

仕事によって年齢制限が有る訳でもないので、10代も50代も同じ量の仕事をすることを求められます。

この先、いつまでライン作業をやるのか?やれるのか?を不安に思っている人も多いです。

ライン作業を楽にするコツ

工場のライン作業がきついと言われる理由はわかりましたか?

まぁ大方の予想通りだったのではないでしょうか?

でも大丈夫です。

楽になるコツや、考え方を知ることでライン作業をぐっと楽にすることができます。

ここからはライン作業を楽にするコツを見ていきましょう。

ライン作業を楽にするコツはこちら

  • ライン作業に慣れる
  • 全て自己解決しようとしない
  • 目標を決めて働く
  • いつでも辞められるようにしておく

順に見ていきましょう。

ライン作業に慣れる

ライン作業を楽にするコツで一番重要なのは、慣れる事です。

ライン作業にに慣れて、間に合うようにならなければ、ライン作業はきつさしかありません。

間に合わないライン作業は肉体的にも精神的にも疲弊していきます。

作業に慣れる事で、肉体的な負担も減り、身体も楽になっていきます。

時間に追われる感覚も薄くなり、作業を淡々とこなせる様になります。

まずはライン作業に慣れる!そして間に合わせることを目標にしましょう。

全て自己解決しようとしない

ライン作業がきついと感じている人は、全て自己解決しようとしているのかもしれません。

  • 作業遅れをしても自分で頑張って、戻ろうとしている。
  • 失敗したけど、自分で修正しようとする。
  • トイレに行きたいけど、休憩時間まで我慢する。

こんな人は要注意です。

ライン作業は自分に任せられた仕事を淡々とするので、責任感から全てを自分で解決しようとしてしまう人がいます。

イレギュラーがあったら、迷わずライン進行者を呼びだしましょう。

早め早めの呼び出しが、ライン作業を楽にしてくれます。

我慢して頑張っても、精神的にきつくなるだけですよ。

頑張り方を間違えないようにしましょう。

目標を決めて働く

肉体的にも精神的にも安定してくると、単純作業のつまらなさ、時間の経つのが遅い事でライン作業のモチベーションが下がります。

そんな人は、目標を明確にして働くといいでしょう。

  • 正社員なら、頑張ってる姿をアピールしてリーダーを目指す!
  • 派遣社員や期間従業員なら、○○円貯める!

みたいな目標があると、ライン作業のモチベーションも上がります。

目標を持つことで、精神的にも安定してきます。

ライン作業のモチベーションが下がっている人は、一度、自分の目標を明確にしてみましょう。

いつでも辞められるようにしておく

最後のコツはいつでも辞められるようにしておくことです。

  • 人材紹介会社に登録しておく。
  • 他の仕事で使えそうな資格を勉強しておく。

こんな風に、本当に嫌になったらライン作業を辞められる状態にしておくことで、精神的に楽になります。

おと
おと

まぁ…本当に嫌になったら辞めよう。

こう思っておくだけで、肩の力も抜け、きついライン作業も楽になります。

今の仕事に悩める人は、とりあえず人材紹介会社に登録しておくことをおススメします。

自分の希望を伝えて、良さそうな会社があったら転職を真剣に考える。

良さそうな会社が無ければ、出てくるまで今の仕事を続ける。

そんなスタンスでいるだけで、気持ちが楽になります。

気になる方は、まず担当者に悩みを聞いてもらいませんか?

担当者面談で不安や悩みを解決サポート【はたらくヨロコビ】

ライン作業の魅力

ここまでライン作業のきつい事についてお伝えしてきました。

これだけ見ると、誰もライン作業なんてやりたくないですよね?

でも待ってください。

もちろんライン作業にはライン作業の魅力があります。

ライン作業の魅力はこちら

  • やることが決まっている
  • お客さんや取引先の相手をしなくていい
  • 仕事とプライベートを切り離しやすい

順に見ていきましょう。

やることが決まっている

ライン作業の仕事は、基本的に自分が担当する仕事をしていればOKです。

毎日、同じことをしていればいいのです。

自分で段取りを決める必要もなく、イレギュラーが有っても自分で対応することは少ないです。

毎日同じ時間に出社して、同じ仕事をして、仕事が終わったら帰宅する。

仕事はお金の為と割り切れば、こんなに楽な仕事はありません。

自分で仕事内容を決めることに疲れた人にとっては、天国になるかもしれません。

お客さんや取引先の相手をしなくていい

ライン作業の仕事は、お客さんや取引先との距離が遠いです。

おと
おと

理不尽な取引先

面倒なクレーマー

連絡の取れないお客さん

こんな人たちの相手はしなくて大丈夫です。

お客さんの対応で精神をすり減らすことはライン作業ではありません。

人にペースを乱されることも、イライラすることもなく仕事ができます。

仕事とプライベートを切り離しやすい

ライン作業は仕事とプライベートを切り離しやすいです。

もちろん、生産状況の都合などで休日出勤の要請が出ることも有りますが、基本的には仕事は仕事、休みは休みと、きっちり分けられます。

休日に突然電話で呼び出されることもありませんし、休日に翌日の仕事の事を考えることもありません。

帰宅してから必死で資料を作る必要もありませんし、仕事の勉強をする必要もありません。

仕事とプライベートをきっちりと分けたい人にとって、ライン作業はおススメです。

ライン作業に向いている人

ライン作業のつらいことと魅力を知ったところで、最後にライン作業に向いている人をお伝えしたいと思います。

ライン作業に興味が出た方は、自分が向いているか簡単にセルフチェックしてみましょう。

ライン作業に向いているのはこんな人

  • 体力に自信がある
  • コツコツやる仕事が苦にならない
  • 他人の影響を受けずに仕事をしたい方

順に見ていきましょう。

体力に自信がある

何といってもまずは、体力に自信がある方です。

とは言っても筋肉ムキムキでアスリートのような人しかできない訳ではもちろんありません。

「1日中立ち仕事でも大丈夫!」と思える人ならOKです。

立ち仕事で1日中動き続けるので、そこそこ体力は必要ですが、すごく重いものを持つことや、ダッシュで移動することは基本的にはないので、イメージとしてはランニングよりウォーキングといった感じです。

いままでデスクワークで働いてきた人は、最初きついかもしれませんが、しばらくすると慣れます。

「普通に健康です」と言える方なら大丈夫です。

立ち仕事という性質上、腰痛、ひざ痛持ちの方には厳しいかもしれません。

健康で元気!まずはここからです。

コツコツやる仕事が苦にならない

つ目はコツコツやる仕事が苦にならないです。

「集中力がある人」と言いたいところですが、正直1日集中できる人なんていません。

特に1日中、決められた仕事を続けるライン作業の性質上、集中力を維持するのは至難の業です。

安心してください!実際ライン作業している人も集中力をずっと維持しているわけではありません。

それよりも、コツコツやる仕事が苦にならないのが大事です。

同じことを繰り返し行うので、慣れてくると飽きますし、退屈にもなります。

そのときに「これは仕事」と割り切って淡々とコツコツやる仕事が苦にならないことが必要です。

派手好き、目立ちたがりの方は向いていないです。

安定≧変化の考えの方は向いてます。

他人の影響を受けずに仕事をしたい方

3つ目は他人に影響を受けずに仕事をしたい方です。

工場ライン作業は基本的に1人で仕事ができます。

自分の持ち場の決められた仕事を淡々とこなすので、他の人とかかわることが少ないです。

もちろん他人とのかかわりが0ではないですが、トラブルやイレギュラーが無い日なら、その気になれば1日誰とも話さずに終われると思います。

「人間関係に疲れた」「取引先にペコペコするのが嫌だ」「お客さんの相手は大変」と思っている方にはおススメできます。

工場ライン作業はきつい?まとめ

まとめ

今回は、期間工が担当することが多いライン作業についてお伝えしました。

おと
おと

伝わりましたか?

ライン作業はきついと言われることが多く、実際にきつい仕事の部類に入りますが、基本的に慣れれば誰でもできる仕事です。

この誰でも出来る仕事で高収入を貰えるのが工場のライン作業なんです。

もちろん、選ぶ工場によってはきついうえに稼げないハズレ工場も存在しますが、大手メーカーを選べば間違いは無いです。

トヨタ・スバル・アイシン・デンソー・etc.などのメーカーで期間工として働けば、効率的に稼ぐことが出来ます。

「将来、自分の店を持ちたい!」

「30代でFIREしたい!」

こんな人は、きついからといって工場のライン作業を避けるのはもったいないです。

時間は有限です。

早めに動いて、効率的に稼いで次のステージに行きませんか?

今なら、なんと入社祝い金として100万円貰えるメーカーも有りますよ。

詐欺っぽいけど本当の話です。

気になる方はこちらをご覧ください。

大手メーカーの期間工・期間従業員専門の求人専門情報サイト【期間工.jp】

今回お伝えした、きつい理由と楽にするコツを知っていれば、入社してからショックを受けることも少ないでしょう。

「工場のライン作業は地獄!」と聞いて、転職先から工場を排除していたら勿体ないですよ。

短期間で効率的に稼ぎたい人の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました